MINI至る病

購入検討時や、購入後、幾度となくお話に伺いに行った際のディーラーとのやり取りや、 Web、イベントなどで、いい情報がたくさんあったので、メモ書きにしてみました。 特にいいネタだと思われるところは、 マークをつけて、別欄に箇条書きにしています。
今後、ご購入を検討している方も、もちろん既に納車されている方も、よかったら参考にしてください。 また、誤情報、勘違いなどございましたら、ご指摘お願いいたします。

Google

WWW を検索
mini-itaruyamai.com を検索

mailto:info@mini-itaruyamai.com

MINI至る病Blog

三十路を前に、再びDTM(DeskTopMusic)をやってみようと思う。

男の物欲〜モノを通して文化を買う〜
2003.05.31 1年点検に行ってまいりました。
  季節外れの台風のなか、1年点検のために入庫してまいりました。
事前の作業説明の際、今までの事例でかなりの程度ワイパーが交換対象になりますよと、担当の方に言われました。 私は全くもってクルマに疎いので、いまいち聞いた情報が正確に理解できているのかも不明ですが、 理由としましては、「カー用品点でワイパーラバーを買ってきて、自分で交換も可能。 MINIはワイパーのラバー部にワイヤーがあり、これを注意して交換しないといけない。 ラバー自体は暫く交換なしでも利用できるが、端の部分から裂けてしまい、このワイヤーが当たる事により、 フロントウィンドウにキズをつけてしまうことがある。」とのことでした。 私の場合も、端が裂けているということでしたので、交換を依頼しました。
また、SFAによるエンジンオイル交換は、、MINI起動直後に表示されるOil Serviceの残キロ数が、 0を下回ってからではないと交換できないそうです。
点検の作業時間は1日見ておけば十分完了する程度でした。
    点検の作業時間は、1日見ておけば十分。
    SFAでのエンジンオイル交換は、MINI起動直後に表示されるOil Serviceの残キロ数が、 0を下回ってからではないとその対象にならない。
    ブレーキパッドはフロント12mm、リア10mmくらい。これが削れて3mm程度になると交換が必要。 ちなみに、yknb(ブレーキに関して、特に考慮せず5,500km/年運転)は前後5mm程度磨り減りがあった。

2003.05.03 2003年6月モデルに関して情報を2つ。
  タッチアップペイントを受け取りにディーラーに行った際、2003年6月モデルに関して情報をいただきました。
現在は、クロームラインエクステリアというオプションで、 CooperもOneもバンパー部分などをメタリックにする。というオプションがありますが、 oneには、+\15,000でCooperのように、フロントグリル、 リアのドアノブ部分などをメタリックすることができるオプションが追加されるそうです。 サイドミラーとルーフの色はoneですが、ほぼ、Cooperとoneの(外見上の)違いがなくなるそうです。
そして、ボディーカラーに関してですが、シルクグリーンが廃止になる代わりに、ソリッド・ゴールドが追加されるそうです。
    one向けに、+\15,000でMINIのように、フロントグリル、 リアのドアノブ部分などをメタリックすることができるオプションが追加
    ボディーカラー、シルクグリーンが廃止になる代わりに、ソリッド・ゴールドが追加

2003.05.03 タッチアップペイントで、塗装はげを修復。
  ドライブ中だと思うのですが、 小石か何かでボンネットの塗装が5mm四方程度はげてしまいました。
洗車しているときに発見。いつかはこういうことがあるとはいえ、かなりショックです。 タッチアップペイントで修正だな・・・と思いつつ、ディーラーに相談。 どんなに小さなキズでも、直すとなるとボンネット全面塗装となるそうで (前回の事故のときにも聞いていたので、やっぱりね。という感じですが) ディーラーさんにもタッチアップペイントで修正するのを勧められました。
モノはというと、ボディカラーと、クリアーラッカーの2本セットで販売されています。 マニキュアのようになっており、キズ部分の周りをマスキングして、まずはボディカラーを塗装。
その後30分以上乾かしてから、クリアラッカーを上から塗装。そうすると、まあ、キズは目立たなくなります。
修正後を撮影してみました。やっぱり近づいてみると目立ちますが、 遠目からではそんなに目立たない気がします。 キズがついたのは残念ですが、こうやって愛着も湧いていくのかな・・・と。

拡大写真を用意しました。左の写真をクリックしてみてください。
塗装後、こんな感じになってます。
    1セット\1,700+税。ボディーカラーとクリアラッカーがセット。マニキュアの要領で塗装。

2003.04.05 MINI西東京で、中古車が入庫しました。
  CVTプログラムを書き換えディーラーに行った際、 駐車場に妙に大量のMINIが安い値段の値札つきで駐車してあるのに気づきました。営業さんにお話を聞いて納得、 どうやら中古車を大量に入庫したそうです。
内訳は、COOPER ONEが8台、COOPERが11台、そしてCOOPER Sが1台です。中には走行距離が1000kmのものもあり、 かなりお買い得感があります。
これらはBMWジャパンでプロモーション、プレス向けなどに使われたMINIで、一般客は乗っていないものだそうです。 これらの中古車通常は新車のみ加入が可能なサービスフリーウェイ(SFA)に加入が可能です。 この中古車の場合はまだ一般ユーザが乗っていないため、 加入が可能というやや強引な論理なんですが、中古なのにSFAに加入でき、 何かあった場合の保証も問題ないので、なかなかこれはいいのでは!?と感じました。
CVTの初期Ver.の問題はあるそうですが、これは書き換えで対応が可能だそうです。
なによりも(これがポイントなのですが)、現時点で中古車を扱ってい正規ディーラーは、MINI西東京のみだそうです。 こちらのサイトに中古車のリストがありました。興味があればぜひ。
    MINIリリース前のプロモにも使われている車両があり、2001/12生産モデルに乗れるかも。 これは現地仕様に近いそうです。
    中古車なのにSFAに加入可能。

2003.04.05 CVTプログラムを書き換えました。
  方々の掲示板などで問題になっていました、
・低速時のギクシャク感
・朝一番などに、Dレンジに入れた際のガクンとくる
という現象が、CVTのプログラム書き換えにより改善するという問題を解決するべく、 ディーラーに対応していただきました。
私は実はこれらの減少を気づいていなく、ずっと「こんなものか」と思っていました。 プログラム書き換え後、かなり改善したような印象があります。 いままで、ギクシャクするのを避けるために、静かにアクセルを踏み出していたのですが、 ちょっと乱暴に踏んでも大丈夫になった印象があります。

プログラム書き換え後、ディーラーさんによって再学習を行うそうですが、何をやるか教えていただきました。 これで不具合が解消するそうです。ちょっと情報の詳細が頭からすっ飛んでしまったのですが (おそらくこれは私が車に詳しくないため)、一応掲載いたします。
 
学習手順
エンジンを始動
-(Nレンジで3秒間保持→Dレンジで3秒間保持)を10回繰り返す。
-(Nレンジで3秒間保持→Rレンジで3秒間保持)を10回繰り返す。
 
これらの操作を、水温表の寒いほうから1/3以下(冷間)、1/3以上(温間)の2つの条件で行うことで、 クラッチ操作の不具合を解消する効果がでるそうです。
    作業料は無料。作業時間は問題が発生しなければ1時間。
    書き換え後、「学習」させなければならないが、ディーラーさんが一通りのことをやっているとのこと。

2003.03.16 MINIスケーター壊れました。
 
「MINIスケーター」の足留めストラップがもげてしまいました。
ベルト部の縫込みと、接着部が甘く、ちょっと引っ掛けた程度でしたが、簡単に取れてしまいました。 とりあえずディーラーに電話し、交換をお願いしました。来週末には交換品が届くとのこと。
試乗レポートを・・・と思っていたのですが、今だに室内で1m程度しか滑れていません。
    パーツ取り用に、壊れた方もいただけないかなぁ・・・と画策中。
    後日談、パーツ取りは、やっぱりダメでした。

2003.03.14 MINIスケーター買いました。
 
「MINI 1ST ANNIVERSARY」で一目ボレした「MINIスケーター」をゲットしました。 一般的なスケボーよりも2/3程度の長さしかなく、左右対称の楕円。 前側には「足の位置を緩やかに保持(取扱説明書より)」するストラップが付いてます。 デッキには、チェック柄のグリップテープが貼ってあり、 ウィールは、MINIのファイブスターと同じデザインのホイールで、タイヤはトランスルーセントの赤です。 アスファルトで試乗しようと試みましたが、理由なき家族の反対に遭い、後日に見送りました。
    車体価格は\14,000
    保証期間はMINI車両と同じ2年間

2003.03.03 MINI 1ST ANNIVERSARY MODEL詳細
 
MINI日本上陸1周年を記念したモデル、「MINI 1ST ANNIVERSARY MODEL」の詳細をレビューします。
イベント会場に行くと、「MINI 1ST ANNIVERSARY MODEL」MINIが、会場の真ん中に展示されていました。 筐体はMINI Cooper、ボディカラーはペッパーホワイト。ルーフ、ドアミラーも同色。 インテリア・カラーは、コルドバ・ベージュです。
記念モデルの装備を列挙しますと・・・
・MINI 1ST ANNIVERSARY プレート(アルミ製)
・スペシャルキーホルダー
・ウッド調フェイシア(メーター周り部分がウッド調に)
・ウッド調シフトノブ
・レザーシート(シートヒーターつき)(黒・ベージュの2トンカラー、渋い)
・6連奏CDチェンジャー
・クローム・ライン・エクステリア
・電動ガラスサンルーフ
・16インチ 5スター・アロイホイール 195/55R16
かなり魅力的な装備で、印象としましては、「うまくまとまっているな・・・」という印象でした。 ただし、全部白・・・っていうのは、好き嫌いが分かれるかも、という気もします。
    筐体はMINI Cooper、ボディカラーはペッパーホワイト。ルーフ、ドアミラーも同色。
    インテリア・カラーは、コルドバ・ベージュ。
    車体価格は\2,698,000
    限定200台。

2003.03.02 MINI 1ST ANNIVERSARYに行ってまいりました。
  MINI日本上陸1周年をお祝いしたイベント、「MINI 1ST ANNIVERSARY」に行ってまいりました。
・台数200台限定、「MINI 1ST ANNIVERSARY」モデルCooper展示
・JohnCooperWorksTuningKits発表
・2003年アクセサリ展示
・期間限定MINI CAFEオープン
・BEAMSとコラボレーションのMINIファッションショー開催
など、魅力的なイベントが盛りだくさんでした。 詳細はおいおいアップいたします。
    開催期間は2003.02.27〜2003.03.02
    開催場所は今ホットな丸の内ビル